株式会社 湊工業

福岡県知事許可(特-11)32732 中小企業経営革新支援法 承認済

人材募集| 技術情報 | お問い合わせ | リンク |

Top Page 会社概要 環境への取り組み コケ緑化事業 水質浄化事業 噴射衝撃施設 ほたるビオトープ

コケ緑化事業:コケ植物の緑化システム

>> 前のページへ戻る

■スナゴケは乾燥しても仮死状態になり水を与えれば再生します。
■土壌なしで生育するため、軽量化できます。
■雨水のみで対応できるので、ランニングコストがかかりません。
スナゴケ(日向用) ハイゴケ(日蔭用)
火山の噴火によってつくられる火山灰地や溶岩流地、または造陸運動によって形成された海岸域の砂丘等の無機質で乾燥した基質に先駆けて生育する代表的なコケです。
スナゴケがこのような基質上に生育できるのは、体のつくりが強い光や急激な乾燥に耐える構造になっているからです。
腐食土壌や砂地等のやや日のあたる場所に厚い群落をつくり生育します。
赤松林や、水田のあぜ道、または草原等の草丈の短い植物の間に混成します。
植物体は地を這うように重なりあって群落を形成します。
コケを利用した屋上緑化や壁面緑化を行うと住民に潤いや安らぎを与えると同時に夏季の温度上昇の軽減による冷房の省エネルギー効果と冬季の保温による暖房の省エネルギー効果が期待できます。
さらに、コケは大気の乾燥に強いことから常時散水をすることが不要になるため、灌水のために水道水を使用しその時にかかるポンプアップによる電気消費量といった二重の絵エネルギー消費を軽減させることができます。
コケは他の植物と同様に炭酸ガス同化作用により炭素を体内に固定化する働きを持っています。一般の植物は、体内に固定化した炭素を落葉や枯れることにより土中で腐敗したり、都市の中では焼却されることにより大気中にCO2を還元していきます。その結果CO2の吸収と排出の収支は概ね1:1であると言われています。ところが、無機質上に(特に乾燥度が高い場所)に生育できるコケは腐食化の進行が極めてゆるやかであるため、炭素を固定化したまま堆積しピートモス・泥炭層を形成していきます。このことからコケは長期的にみると他の植物に比べて炭素の固定化度が著しく高いと言えるのです。
コンクリート、防水層、塗装材の劣化は紫外線や赤外線による温度差が原因と言われています。この劣化を防止するには植物を被覆するなどの手段が有効とされています。植物によって紫外線は遮断され、温度変化に伴う建築物の膨張を抑えるなどの劣化軽減効果を生じます。このことは、建築物の耐久性を向上させる重要な条件の一つです。コケが生育するうえで他の植物と大きく異なる点は、土壌をほとんど必要としないことです。土壌層がない状態でもコケには劣化軽減効果があり、特に屋上の場合、従来の緑化植物を生育させるために必要な全重量物に比べて超軽量となるため、建築構造の負担が著しく軽減します。また、コケは自重に対しての水分保持能力が優れているため、急激な降雨による流水を一時的に蓄え都市の雨水流出抑制の一翼を担うものとして期待されています。
無機質で代表的なコンクリート斜面上にコケ(生物層)が被覆されると、生物(微小動物)の通り道となり生態系間の交流の抑制緩和になることが知られています。生物層の成立によって様々な要因(温度上昇など)による悪環境が抑制されるため無機質な基質であっても生物たちの往来する道となったり、このような環境を好む生物にとっては新たな生態系を形成する礎になっています。

屋上・屋根用コケボード

株式会社 湊工業
TEL092-924-5227 FAX092-924-5228
Mail: info@kminato.com

 

株式会社湊工業
福岡県太宰府市大字内山1098−1
TEL:092-924-5227 FAX:092-924-5228
Mail: info@kminato.com

一部コンテンツにAdobe Readerが必要です。

こちらからAdobe Readerがダウンロードできます。